ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RSD10A

P7030858_convert_20110810005440.jpg

ナナイ君が縦型ポンプに体をぶつけて遊びます。本当に壊れそうです。(涙)

で、今日急ぎ縦型ポンプを撤去しました。やはり30センチ以上の巨体の場合は縦型ポンプの吸水ストレーナーを水槽面に沿って這わせる配管を工夫しないとダメですね・・・。配管を変えるのも良いのですがなるべくシンプルにしようと思い縦型ポンプを撤去してイリリ水槽に付けました。まあイリリは水をグルグル回してPHの変動を避けたほうが良いのでOKとします。

ナナイ水槽は縦型ポンプを撤去したのでエーハイム2075だけで回す事になります。2075の出水側に9Wのカミハタ殺菌灯を配管してるので見た目の水の汲み上げが非常に弱いです。で、殺菌灯通過後にレイシーの水陸両用ポンプRSD10Aをつけてこのポンプも回す事にしました。RSD10Aは本当に無音無振動です。さすがレイシーですね~。エーハイム1250等とえらい違いです。しかも出る水口がネジではなく固定!さすがに漏れるところを良く知ってます。このポンプの追加でかなり水の勢いがつきました。多分1時間に4周くらいしてると思います。淡水は3周が基本だと思うので少し回しすぎですがOKOK。そのうち3周くらいの勢いにポンプが自然に弱まるはずです。

餌は入れすぎたらどの魚も残します。でも残すほどあげて残したら回収して水換え!これが基本ですね。例えば私はライターサイズのシングーロンベウスにクリルを食わせまくる時は一度に10コ位入れます。10コ全部残す時もあれば5個喰ったり6個喰ったりとばらばらですがもしかしたら10個喰うかもしれないでしょ?10個喰うのにチョボチョボ1個ずつあげてたら喰わなくなります。大きくするならなら餌は入れまくる。で、水換え。(笑)頑張りましょう!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/08/10(水) 01:13:00|
  2. ポンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合わない器具

P8080980_convert_20110808143737.jpg

エーハイム2250。ポンプは付属で1250が付いてます。
この1250が過去からどうも合わないというか私と相性が悪いです。必ず水漏れします。そもそも水陸両用をうたったポンプが水漏れしちゃダメでしょ!エーハイムは外部の濾過機は優秀ですが水陸両用ポンプだけは全然ダメです。過去に5台使用しましたが全部水漏れします。場所はいつも同じで出水口のネジの部分から水漏れします。

今回も水漏れ対策でネジの部分をエンビ用の接着剤で止めていましたがまた水漏れが始まりました。もう頭にきたので撤去しました。2250の出水口のエルボーは少し切ると16/22のエーハイムホースが合います。そこで2250の出水口から2075の入水口につなぎそこから殺菌灯36Wへ。さらに殺菌灯からレイシーRMD151で汲み上げる経路に変更しました。まあ1250の消費電力が無くなりよかったです。

P8080981_convert_20110808144638.jpg

ポンプの経路を変更した水槽の中のお魚イリリ君約15センチちょい。
餌も喰うし順調ですが全然大きくなりません。でもOK。彼はイリリ河の貴重な残存種です。

あれもしてこれもしてとピラニア飼育は普通の魚と少し違います。特に違うのが現状キープの考え方だと思います。魚がペット化してなついて餌を食ってという流れがダトニオ、アロワナ、シクリットと少し違うと思います。魚の育ちや体型に何の変化も無いピラニア飼育が続いた場合にピラニアが水槽にいる日常がピラニアという魚の存在とマッチしなくなります。ドヒャーとかグォーとかの感動や驚きの無いピラニア飼育は苦痛以外の何者でもありません。それは我々が持っているピラニアのイメージと関わりがあるはずです。経験が増えてくると失敗にはっきり気付く時が来ます。飼育失敗の事です。その場合はただちに魚を変えるべきです。人生はそんなに長くありませんので無駄な時間はなるべく無くす方が良いです。魚が可愛そうだと思う必要は一切ありません。愛も無いのに飼育される魚の方が可愛そうです。出して食べても良いし引き取りでも良いし譲っても良いし。とにかく失敗したら出すべきです。出す事に批判をする人は飼育に対する気合が足りません。死ぬ気で働いて魚飼育につぎ込んで家を大きくして大きな水槽にして水を換えて餌を工夫して毎日何時間も観察してみて下さい。命がけで飼育してみると自分の失敗が許せなくなります。その失敗作を毎日見る程の苦痛はありません。
かなり毒を吐きましたが真剣に飼育している方が魚を入れ替えるのは大好きです。どんどん入れ替えてすばらしいピラニアに育てて欲しいといつも思います。頑張りましょう!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/08/08(月) 15:15:36|
  2. ポンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポンプ 交換 新設

CIMG2082_convert_20110427211749.jpg
上記画像の様にダイヤ水槽のポンプを変えました。
ロンベウスに使用していたコラリアというポンプをダイヤ水槽に移しました。
でダイヤは、、
CIMG2080_convert_20110427212021.jpg
今日は水槽の隅で待機です。(笑)
水流の流れが変わるとしばらく嫌がって動かないです。
まあ慣れてもらいます。

そのダイヤのヒレがこちら。
CIMG2078_convert_20110427212230.jpg
水槽で飼育すると大抵はこの形というか大きさになります。
ワイルドはここが小さくこじんまりしています。見ればわかるはずです。
こないだのナナイダイヤを導入しなかった理由がここに少しあります。
実はもろにワイルドという感じのヒレじゃ無かったんです。ヒレ自体は綺麗でしたが・・・。

CIMG2077_convert_20110427212619.jpg
まだ「こぶ」があるロンベウスです。
明日から減量の特別策を実施します。
それに先駆けてこれを本日導入しました。
CIMG2083_convert_20110427212816.jpg

ニュージェット NJ3000 です。 毎時3000Lです。

毎時1000L、900Lに追加でこれを入れました。しめて4900L毎時です。
かなり激流になりました!!
でもナナイは全然平気です。泳ぎ回って遊んでます。。どんなパワーなんでしょう?
150だとこれを2台入れたいですね。150水槽・・・・・欲しいけど大変です。。

CIMG2062_convert_20110427213506.jpg

ここ2日は話題がブレークしたようですね。
イリリ20センチ。トカンロンベ35センチ。ラインノーズ15センチ。イリリロンベ等々のマニアが欲しい入庫の噂があったようです。
イリリヒュメの20センチは欲しくはないですが見てみたいですね。
トカンの銀色ロンベ35センチはすごい迫力だと思います。
水槽がいくつあっても足りませんが今は3匹体制でかなりいっぱいいっぱいです。
それもこれも巨大化の為です。頑張ります。

CIMG2073_convert_20110427213957.jpg

エアレーションの泡泡から酸素は溶けるんでしょうか?

ほとんど溶けないと思います。
水面は泡のパチパチはじける波と水面全体が波打つ効果で酸素を溶かす表面積を上げる効果はあると思います。
またポンプが強い場合はストーンから出る泡泡が水面1つ分位の表面積かせいでいるはずです。
泡を細かくしてもあまり効果は無いように思います。ポンプで細かくするならディフューザーの方がいいです。
ただディフューザーで細かくしすぎると水槽が鑑賞に堪えないほど白く泡だらけになります。
泡から溶ける量が少ないなら水が空気に触れる表面積を増やす。それがエアレだと思います。

夏場のエアレ中止は魚の頭を大きくするのか?
怖くて出来ないかもしれません。

ちなみに酸欠で魚が死亡とよくありますが酸欠で本当に死にますか???
私は共食い以外でピラを落とした事が有りませんので解らないんです。
酸欠で死亡まで行くんでしょうか???
あの丈夫なピラニアが酸欠で死ぬとは思えないです。。

連休明けまであと11日

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/27(水) 21:55:07|
  2. ポンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤ水槽 水中ポンプ

CIMG0947_convert_20110328231007.jpg

新宿区の水道水が全国でも指折りの放射能です。
大丈夫では無いですね・・・。
昨日0.1マイクロを超えたら疎開と言いましたが時間1マイクロシーベルト
の間違いでした。
時間1マイクロだと年間864マイクロ。これは外部被曝ですから同一数字
が内部被曝すると1,728マイクロ。プラス食事と水で2,592マイクロになり
限度ギリギリですね。はぁ~。。。。。

気を取り直しまして本日はダイヤ水槽の水中ポンプの報告です。

上記画像の通り手前と奥に2つの水中ポンプを入れてます。
2つなのは水流が足りなくて買い足したからです。

手前は ポンプ1号機  Hydor コラリア 2 50Hz     というポンプです。
奥は  ポンプ2号機  マキシジェットパワーヘッド MP―1200 というポンプです。

1号機は2,300L/h
2号機は1,000L/h の出力です。

1号機の出力は大きいですが太い水流を作るタイプです。グウォ~という感じ
ではありません。 グィ~ンという感じです(笑)
音は最初は静かでしたが3ヶ月くらいから少々ノイズがします。
でも他社の商品よりはかなり静かですよ。
このポンプは直線的にでかいので水中部分のコードに魚の歯が届きません!
そういう意味では安心!

2号機は吐き出し口が小さいのでプシュ~という感じです(笑)
このポンプは非常に小さいですが本当に壊れない!!
超安心なポンプです。
作動させればわかりますが壊れる雰囲気?がまるで有りません。
安心なポンプ2号君です。

ディフューザーのように両機ともエアを吐き出しますがそのエアはポンプ下の
エアストーンからのエアレーションを噛んで吐き出します。

CIMG0895_convert_20110328233516.jpg

昔、川に遊びに行った事はあるでしょうか?
恥ずかしながら私は2回しか行った事が無いんですがそのうち1回は川で
泳ぎました。
水深はおへそぐらいでした。

入水時に徹底的に「気を付けなさい!!」と言われましたが入水するまで
その意味が解りませんでした。
入水した方は解ると思いますが・・・・流れの無いと思った静かな水面と
は裏腹の物凄い流れです!!

川の流れとは、その静かな水面とは裏腹の大急流なんです。

これが水中ポンプを付ける理由①です。

もうひとつは遠近感?です。
魚は顔の正面から水流があたり硬度物質(カルシウムやMGなど)を顔で感じな
がら距離感を計っていると思います。この距離感を計る習慣?恒常性?
は「顔の正面から水流が当たる」かもしくは「顔の正面に水流を感じる
程に泳ぐか」のどちらかで達成されると思います。
これが無くなると水槽面にあごをこすったり動く餌のキャッチがどんどん
へたくそになって来ると思います。

これが理由②です。

最後は、・・・結論は出ていませんが・・・頭の穴あき?対策です。
水流が顔にあたり体側に沿って水が流れるこの顔正面に当たる水圧
が無いとゼラチン質のピラニアの頭がどんどん陥没してきます。
現地で泳ぐ魚ほどこれが顕著に感じます。

これが理由③です。


ダイヤは現地では恐らく「待ち伏せ型」の魚で水深は3m前後のところに
いると判断しています。
水深3m前後に生息の魚は頭があまり陥没しません。

ところがナナイロンベウスは違います。
恐らく在住(生息)水深は最高で30mとかまで行くはずです。
理由は「体色」です。
明らかに海のサメと同じような餌の食い方をすると思います。

その食べ方とは

CIMG0932_convert_20110329000225.jpg

その食べ方とはっ?!

水深の深い所から全速力で水上に向かい上昇してエサをキャッチする
喰い方だと判断してます!!
そのためナナイロンベウスは普段はグレーというか「サメ」の様な
色でイメージであるブラックではありません。
この色は恐らくナナイ生息域で深いところから上昇するナナイを
カモフラージュするんだと思います。

全速力で上昇する時の顔に当たる水圧たるや・・・かなりかと。
これを何とか再現しないとナナイはすぐに頭部が陥没します。
陥没しても泳ぐ時の水の流れに影響が無いからだと思うんです。

国内でナナイ(ロンベウス)の頭をクリアーに育てている飼育者
は私の友人の 「ミボクウさん」 しか私は知りません。
彼の40センチのナナイは頭がツルツルです!

ミボクウさんブログ⇒


というわけで水流もつけてますます頑張ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ 

 





テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/29(火) 00:10:36|
  2. ポンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。