ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

殺菌灯の適正ワット数

P6070735_convert_20110607214333.jpg

GY用の90-60-60の2075からカミハタ9Wへの配管です。
この水量300L位は9Wで充分です。殺菌灯はメーカー基準より小さくても効果は抜群です。90-45-45以上の水量ならぜひ入れるべきだと思います。

ちなみにこのカミハタターボツイスト9Wはミボクウさんにもらいました!
サンキューです~。やはり使いました。(笑)

P6070736_convert_20110607214739.jpg

こちらはナナイロンベウス。絶好調です!
この水槽は460Lあるので36Wにしてます。でも多分18Wで充分です。ダイヤの水槽は18Wです。なぜ36Wかというと・・・・ミボクウさんのお下がりです。(笑)
ミボクウさんの殺菌灯はレイシー!!凄いらしいです。
ナナイに使用中の36Wが壊れたら私もレイシーに挑戦してみます。

話は変わりますがこのナナイ33センチ。最近大きくなってますが今回4センチのGYと比べて見ると大きくなり具合が解りずらい!!そもそも33センチもあると少しぐらい大きくなってもぜ~んぜんサイズ感が4センチとは違いすぎて・・・。最近小さいのを飼育してでかいサイズの大きくなり方に鈍感になっているのにきずきました。

まあ気が付くという事はサイズ感を追求している証拠。サイズの追求をおろそかにするなら飼育しないほうがましです。ちゃんと育てれば大きくなるんだから大きくする。魚も幸ってもんです。(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/07(火) 21:56:31|
  2. 殺菌灯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロンベウス水槽 殺菌灯前のフィルター

CIMG1406_convert_20110415210126.jpg

もしダイヤ巨大化計画がドラッカーの「マネジメント」を読んだら・・・・・

皆様はどんな飼育をしてもらいたいですか?

皆様がして欲しいと思うような飼育がしたい。

ダイヤ巨大化計画は皆様が価値ありとし、必要で、求める飼育を

始めたいです。



とかこんな事になりそうです。

ぜ~んぜん主旨と違いますね。

「好きにやって見ろ!」

「30センチ越えたら少しえばれ!」

ですよね。だから「マネジメント」は読みません。(笑)


夏までにあと3センチで25センチ。
年末までに30センチ。
これが「エビデンス」ってもんですよね。
頑張ります(汗)

CIMG1398_convert_20110415210558.jpg

上記がロンベウス水槽の殺菌灯の前のフィルターです。
品物名は 

 ジャレコ プレフィルター PF―126

です。

このフィルターはポンプは無いのでいわゆるサブフィルターです。
16/22のホースが繋げるタップが付いてますがこれが水漏れします。
仕方ないので直接16/22をつないでホースバンドで止めています。

水槽内のストレーナーからここに直接吸水させています。
ここを通過した水は殺菌灯に入ります。
殺菌灯はカミハタの36Wです。
このフィルターの中身のろ材は下記です。

HOBBY アブソーベックスマイクロ
パワーハウス ソフトタイプ Sサイズ 

このろ材を通過しさらに殺菌灯を通過した水をレイシーRMD151
でレイシーRFG120に汲み上げてます。
CIMG1399_convert_20110415211952.jpg
ちょっとみずらいですね。
配管のホースがかなりぐじゃぐじゃしてます。
実は原因は・・・・。
水槽アングルの高さなんです。

このロンベウス水槽のアングルは高さが60センチです。
高さが60だとかなり低いです。失敗でした。
そもそも、高さが60センチだと2260が使えません。(涙)
2260が使えないので仕方なく2250にしてます。
CIMG1401_convert_20110415212408.jpg
画像でもかなりスペースが無いのがわかると思います。
60センチのアングルでは狭いです。
2250のポンプは1250です。
こらが水漏れ大魔王です・・・・。
特に出水側のネジ部分から水漏れします。
過去に6台の1250を使いましたが漏れが無いのは1台。
あとは全部漏れました。
仕方ないので今はネジ部分にエンビ用の接着剤で固定してます。
こうすれば漏れませんがこのネジ部分を交換できません。
ただスピンドル等の整備をする上では問題ありません。
漏れる方は諦めて接着しましょう!!

2250の中にはろ材がちょうど10L入ります。
今はパワーハウスのベーシックのでかいのが10Lずつ入ってます。
本当はもうすこし小さいパワーハウス・ソフトMが良いんですが
2250は排水ドレンが無いので整備性が悪いんです。
濾過槽整備を少しはしょる為にベーシックのLにしてます。

CIMG1404_convert_20110415213347.jpg
結果、水槽下のろ過機には合計21リットルです。
RFGに20リットルのシポラックスミニが入ってますので
合計41リットルのろ材です。
多分32センチの今いるナナイロンベウスの魚体重は1キロ。
1キロ×30倍=30L なのでかろうじて条件を満たしています。
35センチになると恐らく魚体重が1.5倍になるので1,5キロですから
45リットル必要になります。
その場合は・・・・ジャレコ プレフィルター PF―126をもう少し
大きいサブフィルターに変える予定です。

CIMG1396_convert_20110415215309.jpg

後姿で問題の「こぶ」は見えませんが改善中です。
なんとかします。

今日も200Lずつの水換えをしました。
水換えは楽しいです。
恐らく小規模のPHショックを受けているはずです。
他の魚種だとあれですがピラニアは大体大丈夫です。
唯一、ヒュメラリスだけはPHショックはまずいです。
あいつは本当に虚弱です。
渓流魚なんでしょうね~。
飼育は注意すれば簡単で餌も喰いますがでかくなりずらい
です。

明日はまっかちんに行きます。
ダイヤとロンベウスの餌を買いに行きます。
ついでに小型ヒュメラリスを見てきます。
一時期、30センチ超のgyeriが入りそうだとの事で興奮して
死にそうになりましたが結局入りませんでした。
ラインノーズは35センチでも体重は軽いです。
120でも飼育可能だと思います。
土曜日か日曜日は1度全水交換してます。
明日は出来ないので日曜日に全水交換です。
明日全水交換出来ないのは水槽を1つ立ち上げるからです。

でも残念ながらピラではありません。
金魚です。(笑)

実は、ワイフがブログを立ち上げます。
題名は「きんぎょ巨大化計画」です。

飼育の趣旨は金魚を30センチにするそうです。
30センチになったらダイヤ水槽にいれてダイヤ
とバトルさせるそうです。
勝敗が楽しみで死にそうです(笑)

ご期待下さい。

ピラニアブログが沢山あります! 参考になりますよ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ





テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/15(金) 22:06:21|
  2. 殺菌灯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤ水槽 殺菌灯

CIMG0968_convert_20110330184846.jpg

今日のニュースで放射能対策でゼオライトを撒くとか何とか言ってましたね。
私も何とかゼオライトで飲み水を作る方法を考えてます。
現状はゼオライトでろ過した水は白く粉が出ます。これじゃ飲めません。(涙)


何年やっても魚の発育・健康と水質に関して悩みは尽きないです。
そんな中、各水槽にはテーマや方針とか色々あると思います。

このブログの題名の通り現在のダイヤ水槽の目的は「巨大化」です。

その目的を達成する為にダブルバインドは排除しなければなりません。

例えば「餌は沢山食べさせましょう。導電率は低く維持しましょう」というどこかの記事
を見て飼育方針の参考にする場合があります。
その飼育者は普通は餌を沢山与えると思います。

ところが餌を沢山あげれば導電率は必ず上がります。

このように片方に従うと片方の指示と相反してしまう事をダブルバインドと言います。

「バクテリアを殺さないように水換はほどほどに。なるべくPHは安定させましょう!」
とするとダブルバインドです。

わかりますよね?

水替しないでバクテリアが酸化を進めた結果PHは下がるからです。
水替えをほどほどにしかしない(週1回)とPHは必ず下がります。
よってPHは安定しません。

つまり熱帯魚飼育の常識とされる水質の維持や調整にはダブルバインドが多いです。
これを防がないと熱帯魚飼育で混乱しノイローゼになります(笑)

ダブルバインドが一番多い項目は下記が多いですね。

1位)  PH
2位)  弱酸性の軟水
3位)  バクテリア

この上位1,2,3位は、魚巨大化の大敵3兄弟です。

これを防ぐ答えを出すのに時間はかかりましたが今は悩まなくなりました。

塩素を除去し水温を合わせた水道水で飼う事しか無い!が結論です。
水道水のまま飼えるかどうかだけを追求すれば良い。
そうしないとでかくならない。

これ以上書くと非難がゴーゴーしてきますのでこの辺で。


CIMG0950_convert_20110330185850.jpg



今日はダイヤ水槽の殺菌灯に関する報告をします。

使用中の殺菌等はカミハタ ターボツイスト Z 18W です。
36Wにするか悩みましたが結論は430Lに対しては充分でした。
配管画像が上記画像です。
2260とポンプの間に配管してます。

商品の品質評価点は80点です。
マイナスの20点は下記が理由です。

(マイナス)
・点灯を目視する先端の窓部分が弱すぎる。固定で良いと思う。

この部分から36Wは水漏れしました。
殺菌灯の水漏れは本当に「恐怖・面倒・落胆」が襲う最悪の部位
だと思います。絶対に漏れない安心感が欲しいのでマイナスです。

しかしながら殺菌する機能はOK。
水はかなりクリアーになります。

殺菌灯の目的は色々ありますがダイヤ水槽での目的はただ1つです。
それは水替えが多いので「水がくもった場合」のくもり取りです(笑)

普通はまあ、色々と病気を防ぐとか何とかと色々ありますがダイヤ水槽は
ダイヤ22センチの単独飼育。 現状体重の800グラム前後に対して
ろ材を60リットル使用した上で毎日水替えですから病気になる雰囲気も
無く本来不要だと思います。

普通考えれば殺菌灯は不要です。(⇒あくまで個人の意見)

必要なケースとは

1)フィルターの関係でろ材が不足
2)ややこしい生餌をあげる場合が多い
3)ドジョウを室温で管理、給餌
4)くもりが大嫌い
5)細菌が居るなんて・・・。魚が可愛そう?(笑)
6)殺菌灯の存在前提のシステムを昔から組んでる

まあこれ以外にもありますがこんなもんです。
しっかりろ過と水替えしてれば必ずという訳ではないですね。

ただ 「じゃあ取れば???」と言われたら・・・・

私には必須です。(笑)

水槽の「水がくもる」なんて事が起きたら大事件です。

最近の記憶ではナナイ・ロンベウスの40センチ超を
120-65-60に入水させた時の2週間ですかね。

魚が恐らく体重2キロ以上。とんでもない巨体で明らかに
水量、水槽、ろ過ともに容量不足で水がくもりました。

ロンベウスの40センチ超、ピラヤ・GYのデブチャンは
本当に凄い魚体重です。

ロンベウス40センチなら水槽横は160以上、奥行き80
で水深70が理想だとおもいます。

でも今はやりません。 → ダイヤを頑張ります!!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/30(水) 18:51:59|
  2. 殺菌灯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。