ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナナイロンベウス動画

P9041093_convert_20110907183122.jpg

90-60-60に移動してからずっとこの色のロンベウス。
まるでアルビノの様です。(笑)

お肌やオデコの調子も良く餌も喰います。

このロンベウスは軟水が大好きなようです。
軟水というのは私が軟水フィルターを使って主にカルシウムとマグネシウムをイオン交換樹脂にて取り除いた水という意味です。今のイオン交換樹脂はだいたい1トンの水を通水させると徐々に硬度漏れ(カルシウムやマグネシウムが取りきれなくなること)をします。いきなり硬度が高い水になる訳では無く徐々に硬度漏れするので大体1週間に1回は食塩でイオン交換樹脂を再生しています。1週間で私の場合3.5トン位の水を使用するので最終の金曜日には水道水の硬度と同じ硬度で入水しています。
実は軟水機を使用して硬度を落とすと機嫌が良いのはナナイロンベウスだけです。ダイヤ、シングー、GY、イリリ君は軟水を入れると明らかに餌喰いが落ちます。それならナナイにだけ軟水を使用すれば良いと思うのですが軟水にしたりしなかったりをするのが面倒でナナイロンベウスのお付き合いで全員に軟水を入れています。
ちなみにカーボンとコットンのフィルターは1ヶ月ごとに交換しています。一ヶ月で水道を15トン使うので使用限界だと思います。

P9051096_convert_20110907184400.jpg

本当に気持ち悪いくらい絶好調なロンベウスでした!

最後に昨日撮影した動画が下です。
この調子で頑張ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/09/07(水) 18:47:46|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑お見舞い申し上げます

P8131013_convert_20110813201032.jpg

フラッシュで撮影。本日はおとなしいナナイブラックです。
縦型ポンプに体をぶつける遊びを奪われてモゾモゾしてます。オデコのラインがいまひとつです。おでこからストレートに背中につながらないと違和感があります。

P8131015_convert_20110813201422.jpg

こちらはフラッシュ無し。こちらの方が実際の色に近いと思います。やはりオデコのラインがスムーズじゃ無いですね~。

P8131012_convert_20110813202934.jpg

オデコのラインをスムーズに見せない原因はエラの上の窪みとコブだと思います。ここは本当にしつこい・・・。かなり背中の線が出てきてスムーズになりましたがすぐにスカッ!と無くなりません。オデコのツルツルに続いてこのコブも何とかします。(・・・と言いつつ半年過ぎましたが・・。)

P8131006_convert_20110813203512.jpg

ナナイ君水槽から移動したP318やらポンプやらストレーナーやらでイリリ君水槽の左はゴチャゴチャしてます。特に大問題も無いんですが1つだけ問題が。それは水中ポンプの真ん中の3000Lのポンプの消費電力です。何と50W以上を消費します。凄い消費電力です。今は冷房も24時間なのでこのポンプは10月まで休憩としました。
最近、水槽内を徘徊するようになって来ました。でも泳ぎ方がストレートなので見ていてもつまらないです。この魚は本当にサイズが欲しい!20センチにならないと見応え「0」です。(笑)

P8131005_convert_20110813204141.jpg
P8131004_convert_20110813204316.jpg

あと何ヶ月で20センチになるのやら・・・・。

P8131008_convert_20110813204559.jpg

105-50-52です。下に140-50-60.金魚は45-45-45です。

P8131009_convert_20110813204759.jpg

中身はGY。エーハイム2075で持ち上げて上部へ。上部は左がウエットでセンターがハーフのドライにしてます。

P8131011_convert_20110813205031.jpg

ここがハーフドライ。全面に水が行き渡らないので右端からさらにポンプでセンターに水を戻しています。ウレタン製のスポンジサイコロろ材を5L使用。

P8131010_convert_20110813205405.jpg

ポンプ室無しの13Aでダイレクト入水。ここの幅が30センチで作成したので冬はヒーターをここに入れます。またアズーの9Wの殺菌灯をこの部分に入れました。見えずらいと思いますがアズーの殺菌灯は水中ポンプで動かす非常にコンパクトな商品です。この濾過槽部分に最初から入れるつもりで濾過槽を作成しました。効果は充分です。

この設置に7時間かかりました。

GYはここで25にはなるでしょう!(笑)

今年は急に暑くなったりと変な天気が続きますね。暑さにめげず頑張りましょう。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/08/13(土) 21:00:17|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナイロンベ ちと狭いか・・・。

P7180958_convert_20110718232936.jpg

ナナイロンベウス君 33センチから計測中止中。

最近というか90-60-60に移動してから非常に暴れます。暴れるというか縦型ポンプに体をぶつけて遊びます。物凄い音がします。このままだと縦型ポンプが壊れてしまいます。(泣)

どう考えても一番狭い環境で本当にお魚さんに申し訳ないです。120-60-60でもやや狭かったのに90-60-60では拷問のような狭さだと思います(私見)。 毎日ナナイ君にはお詫びをする心境です。
実家のピラヤが35センチ前後の巨体で60レギュラーにいた時は横から観察すると目がうつろでボヤ~と死んだようにホバリングしてましたがこのナナイ君はそこまでではありません。目はギンギンですが餌は小さいのが好きです。馬鹿でかい口で小さなドジョウをおいしそうに喰います。

P7180957_convert_20110718234057.jpg

オデコはツルツル。魚体もビューティフルです。(笑)

以前、東京タワー水族館に行った時に家族連れがたまたま沢山いました。その際に女の子がダトニオとアロワナの水槽を見ながら「こんな狭い水槽にこんな大きなお魚を入れてお魚さんがかわいそう」と嘆いていました。確かにその水槽は異常なくらい魚を詰め込んだ水槽でしかも魚体に対して水槽が狭かったです。水槽のサイズに対する魚のサイズ感をどこまで普通に見ていられるかは人それぞれだと思います。90-45-45で45センチのロンベウスをキープする事は可能だと思いますが水槽の半分まで魚の体長がある場合に狭いと思うか行けると思うかですね・・・。実家の父親は90-45に45センチなら余裕だと言うと思います。(笑)

狭いマンションにレトリバーか小型犬か。アパートにフェラーリで夕飯はコンビニ弁当か。→関係ないか。
アマゾンから日本に来て我が家に居る以上、彼らの生死は飼育者次第です。店に放出した場合は殺したのと同じと思わないといけません。誰かにゆずる場合も同じです。自分の手元から放すという事はそういう事です。特に30センチ以上の魚を引き取りさせる場合はなおさらですね。「次の飼育者の元で元気に暮らして欲しい」とはなると思いますが・・・・。
私が過去に放出した魚は50匹以上です。23年で50匹ですから年間2匹平均の放出をしています。まあ理由は転勤を7回してますので。。。

今のナナイ君33センチは日本にいるロンベウスで指折りのオデコです。日本に来て3年位だと思います。自画自賛では無いですが3年も飼育してこのナナイ君並のオデコの30センチ超ロンベウスはあまりいないと思います。本当にロンベウスのオデコは難しいですがこのナナイ君は成功例です。ワイルドで飼育から1年位はオデコはツルツルですが成長とともにボコボコになります。動画も画像も堂々と出す事が可能です。ますます頑張ります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/07/19(火) 00:38:49|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナイ君 真っ白2


このように本当に白いナナイ君です。

店でこのナナイ君を見せられたらどこのロンベウスか絶対にわかりません。前回は過去飼育していたトカンチンスの様な色と申しましたが今はそれ以上の白さです。

この動画を見てきずいた方もいると思いますが白くなったと同時にオデコが完璧に完治しました。本当にツルツルで見ていて気持ち良いくらいです。最初は底が白いのと水が出来ていないので色が飛んでると思いましたが2週間目に入っても真っ白ですが非常に肌の調子が良いです。ここまでオデコがツルツルだと非常に貴重になってきました。このままツルツルの状態でいてもらう為に今の水槽状態を維持していこうと思います。本当は180-65-65ぐらいに入れてやりたいですがしばらくはこの90-60-60にいてもらいます。

いや~ ロンベウスが調子良いと気分最高です!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ



テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/07/01(金) 21:43:28|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナイ君 真っ白(笑)

P6260806_convert_20110627214747.jpg

ナナイロンベウス33センチ。
以前、トカンチンスのロンベウス30センチを飼育していましたがそのトカンチンスと同じ色になってます。底の砂はチャームのオーストラリアの白砂という名前で売っていたものです。この砂は洗わないで入れられます。砂自体は非常に細かくて糞が沈み込みません。色は真っ白です。白い底砂は沢山ありますがこの砂は本当に真っ白。その砂の影響だけではありませんがナナイロンベウスが白になってます。色が抜けた白と水槽環境の変化で現れる白とは同じ白でも微妙に違います。色が抜けた白は魚のキズや染みまでが浮き上がる感じになります。このロンベウスも底砂が白くなっただけではここまで白くなりませんがこの水槽90-60-60の置いてある環境が室内でかなり明るい場所にある為に底砂の影響以上に白くなってます。個人的にはこの色は好きな色なのでこのまま白でいてもらいます。
ろ過は2075とRFG90の合計で20リットル。殺菌灯は入れてますが明らかにろ過不足です。普通は糞をすると分解されて崩れてくるんですがこの水槽は原型をとどめたまま糞が沈んでいます。魚体重1キロに対してやはり30倍のろ材は必要な雰囲気です。あと10Lをどうするかそのうち考えないといけないようです。といってももう1台2075を追加するぐらいしかないんですが。

他の画像も入れようと思いましたがサーバーの調子が悪いようなのでロンベウスはここまでに致します。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/27(月) 22:09:53|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。