ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピラニア 最終的成長後の姿

P4300033_convert_20110430225115.jpg
本日のロンベウス君。
今日は秘密のダイエットフードを仕込んだキビナゴを・・・・喰いませんでした。。。
残念です。
まだ「こぶ」が見えますので明日もう一度秘密のダイエットフードを食わせて見ます。

「こぶ」と「おでこのボコボコ」「おでこの凹み」はなったら治すのが本当に大変です。
ロンベウスを飼育する場合は20センチを超えたあたりからこの部分に重々注意しないとダメですね。
何度やっても失敗します。
このロンベウスを最後のチャレンジだと思い頑張ります。

P4300034_convert_20110430225635.jpg

似たような画像ですが2枚目の方が「コブ」が目立ちます。
かなり改善はされてますが完璧に元に戻るのかはわかりません。
もしこのロンベウスで治らない場合はロンベウス飼育は今後しばらく休止してコブやおでこを気にしないで飼育出来るセラ系にしようと思います。
ナナイダイヤかラインノーズが有力候補でしょうか。

P4300039_convert_20110430230159.jpg

本日のダイヤです。
昨晩入れた中サイズのドジョウを3匹、テトラ1匹、スマトラ1匹を食いました。本日は40分水換えしましたがそろそろ水換えに水槽全体の耐久性?が落ちてきました。どこかで1週間水換えをしない週を設けないとバクテリアが疲弊して苦しい状況です。連休中は換え続けて25センチにしたら1週間水換えを休もうと思います。
ロンベウスが何回やってもOUTならセラ系ではナナイダイヤとラインノーズ、サンフランシスコのブランドティかホワイト系のダイヤ、もしくはヒュメラリスが候補になると思います。どの候補も水槽内で成魚の最終形の形を見せた事が無い種類だと思います。ピゴに関してはほとんどの種類が最終形の姿を見せていると思いますがセラ系は最終形がどんな姿なのか見たことが無い種類が多いです。

P4300048_convert_20110430231202.jpg

そもそもアラグァイヤのダイヤも最終的にどうなるのかをほとんど知りません。ラインノーズは東京タワーの個体が最終形態のような気がしますがもう5センチ大きく出来ると思います。ブランドティやホワイト系のダイヤも最後にどこまで行くのかほとんど誰も知りません。ヒュメラリスに関しても同じだと思います。最後にどうなるのかの情報不足もありますがやはり最終形がどうなるのかはぜひ知りたいと思います。転勤にも負けず根気良く飼育するしか無いんですがロンベウスの様に最終形が解っていない場合は途中で飽きて来て続けられないのが本音です。

P4300029_convert_20110430232005.jpg

まずはこの画像のダイヤ。最終形だと言えるところまで絶対に持って行きます。
大きくしない事にはどうしようも有りませんのでまずは大きくする事に全力で取り組みたいと思います。
飼育初期のまだ幼魚の時に受けた成長阻害要素は後々で挽回不可能だと思います。今のダイヤはかなり順調に12センチまで育ち捕獲されて当方の飼育スタートへ持ち込めたと読んでいます。成長不良の時期は無かったはずなのでかなり期待しています。まあ一番ショックなのはまっかちん等のショップにワイルドで馬鹿でかいアラグダイヤが入荷されたりすると落ち込むと思います。札幌で7年飼育したナッテリーが25センチでしたが須磨水族館のナッテリーを見たら飼育する気が無くなるほどショックでしたので・・・。やはりデカイのを見ると何もかも吹っ飛びます。だって10年飼育してピラヤが40センチになったとしてたまたま行った熱帯魚店に45センチで4キロもあるピラヤが居てまだ若々しい魚体だったらどうですか?私ならぶっ倒れます。。。やはり大きくなければダメです。(個人的意見ですが。)  昔はネグロの40センチ級は30万以上したんです。でもネグロを40センチにするには一体幾らかかるのかと思えば安いもんですね。(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/30(土) 23:33:42|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤ水槽 レモンテトラ15匹追加投入

CIMG2175_convert_20110429215118.jpg

おばんでございます。
ピラチゲでした。。。

いまどきピラチゲでしたといきなり過去形で電話に出る人も札幌にはいないと思いますが24年前はどのおじさんも札幌では「~でした」といきなり過去形で電話に出ました。急に思い出しました。

本日からロンベウスのNEW減量作戦をスタートしました。ちゃんと減量用秘密の薬物を入れたキビナゴを喰いました。もしかしたらと思っていましたがまんまと喰いました。この作戦をしてる人は私だけだと思います。成功して「こぶ」に変化が現れたら何を使用したか報告します。成功したらオデコと「こぶ」に悩むロンベウス系セラ飼育者に朗報になると思います。

CIMG2124_convert_20110429220053.jpg
今日も順調なダイヤです。
水は25分入れました。軟水化したイオン交換樹脂を通過した水です。イオン交換した水を入れ始めてブラックテトラが凄い発色です。スマトラは発色に変化無し。今日は追加でレモンテトラを15匹入れましたがこのレモンテトラはこれまた凄い発色です。軟水の良い悪いは別にして小型種のカラシンは軟水を入れると発色が凄いです。でもダイヤは変化無し。全く変化が有りません。
CIMG2135_convert_20110429220332.jpg
普通は軟水を入れると粘膜を多く出すはずです。体に入る水分を調整する為だと思います。ダイヤに関してはこの粘膜の存在をあまり意識させない場合が多いです。ロンベウスは粘膜の感じが目視も可能なレベルで良くわかるんですがダイヤの場合はあまり目視ではわかりません。
CIMG2218_convert_20110429220935.jpg
体表の感じはシングーのロンベウスに近い感じですがシングーのロンベウスは粘膜の感じが目視出来ました。ヌルッとした感じが目視できないのはダイヤとラインノーズ、ウインプルだと思います。ダイヤモンドイエローもやや目視しずらいかもしれないです。
以前、ヒュメラリスに硬度0の水を入れた時に全身から粘液を出しまくったと報告しましたがヒュメラリスは硬度の低い水を入れて体に水分が浸入して来るのを嫌うようです。なんででしょう???
CIMG2202_convert_20110429221553.jpg
もしかしたらヒュメラリスは軟水、PHの低い水系が嫌いというか合わないのかもしれません。
というのは以前、ヒュメラリスの13センチを購入し120-60-60を新規で立ち上げた時に立ち上げた水槽の水がPH9以上になりました。濾過も効いて無いのでかなり硬度も高い水だったと思います。そこへ小赤を100匹入れたんですがこの小赤を2週間で完食しました。物凄い食欲で一体何センチまで育つのかと思いましたが水槽の水が出来て来るに従って餌を食わなくなりました。そのときの平均PHは7,3くらいで硬度を常に60前後だったと思います。この最高の水条件で餌を全然食わなくなりました。
CIMG2211_convert_20110429222206.jpg
PHが高い時のヒュメラリスは色も黄色く輝きとても綺麗でしたがPHが下がるにしたがってシングーのヒュメラリスと見分けがつかない色に変わってしまいました。(当方にいたヒュメはイリリです。)
で、仮定の話ですが、もし私が再度ヒュメに挑戦するならPH9、硬度120前後を中間点にしてやってみようと思います。かなりアマゾンの水質とは違うと思われるんですがなにぶん相手は渓流魚のヒュメラリスです。イリリ川がかなり上流にある事や石や岩だらけの環境から考えるとアマゾンの下流域とは違う水質もありかなと。
CIMG2208_convert_20110429222949.jpg
そもそもそういう水で飼うなら混泳魚はダトニオですかね?ダトニオが好きそうな水がヒュメに合う水の様な気がします。ただ問題はヒュメは35センチあたりから画像を見るとピゴのような体型になるようです。ピゴのような体型という事は「死んだ魚を食べる」という事だと思います。そうなるとそんな餌のある下流に移動すると考えられるので水質を普通のアマゾン系に戻す必要があるかもしれません。が、35センチ以上のヒュメラリスが国内に数匹しかいないと思うので心配すら必要ないかもしれないですね。
CIMG2215_convert_20110429223558.jpg
ダイヤ水槽のPHは本日7.5です。硬度は70です。普通に考えればPHはかなり高いと思いますがダイヤ君は絶好調です。そもそもPHを低く維持するのか綺麗な水を入れるのかのせめぎあいの中で綺麗な水を入れる方を選択したのでPHは水道水のPHより上がらないように入れれば良いと考えてます。PHが9以上はあれかと思いますがPH8以下で行けるなら低いPH維持を考えるより綺麗な水を入れたほうが良いと思います。毎日水換えすると少し水質を落ち着かせた方が良いのでは?との考えが週に何回か訪れます。今でもその考えが湧いてくるという事は熱帯魚を始めた時の初期の洗脳がかなり強いんだな~と自分でも思います。
「そんなにコロコロ水を替えて」「やりすぎは良くない」「バクテリアや水槽内の細菌との共存を考えて」「水質に魚を慣れさせて」とかとかありますがなにわともあれ魚の出すアンモニア等の毒物は排除優先が巨大化には必要と判断しています。このダイヤが12~13センチで購入して1年で25センチになろうとしています。まあ上手くいったケースですが綺麗な水で飼育すればというかアンモニア等の成長を阻害しそうなあれこれを除去してでかくならないなら仕方ないという感じです。
CIMG2213_convert_20110429225232.jpg

全然話は変わりますが先日ロンベウス水槽に入れた水中ポンプのニュージェット3000ですがこれが静かで最高です。無音です。3000L毎時のパワーでこんなに静かでいいのでしょうか??全部のポンプをこれに換えたい気分です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ




テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/29(金) 22:55:52|
  2. ダイア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロンベウス水槽 水温

CIMG2118_convert_20110429082055.jpg
本日朝の寝起きのダイヤ22~25センチ。
今日は動きが悪いためかなりサイズを見れましたがどうやら22以上は確実ですが25までは無さそうです・・・・。頑張らねば。
CIMG2115_convert_20110429082539.jpg

ナナイは減量、ダイヤは餌の白点対策でサーモの水温設定を27度にしていましたが最近気温が高いのでサーモの設定より水温が上回るようになりました。
現在ナナイロンベウス水槽は29度。ダイヤ水槽は28度です。

今日はナナイロンベウス水槽、ダイヤ水槽ともにヒーターは撤去します。
10月までヒーター無しで水温が維持できそうです。

CIMG2119_convert_20110429083048.jpg

水温が低いと魚の肉厚が増す感じになります。
ヒーター無しの金魚水槽の水温が25度なのでヒーター無しでも水温が高い位です。
普通は24度以下が良いと思います。
そもそも水深3M以上の水深の水温が25度以上になるとは思えません。このへんは川に入ればわかりますが水深が1M違うと水温の低下具合は半端じゃ無いです。恐らくダイヤは23度~25度、ナナイロンベウスは水温23度以下の水温領域で暮らしていたと思います。

朝早い更新なので疲れて来ました・・・。
頑張ります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/29(金) 08:40:23|
  2. ロンベウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオン交換 再開

CIMG2106_convert_20110428205642.jpg
本日のダイヤ22~25センチです。
順調ですが連休明けまでに25センチにする事にあせってきました。(汗)

餌も良く食べるし問題は無いんですが今日からイオン交換した水で水換する事にしました。一事は東京都の水道水のヨウ素131の濃度が高かった為にマーフィード浄水器を2連結してコットンーカーボン3連発にしていました。2日前あたりからやっと水道水の放射能検出値が下がったのでカーボンを2つ取ってイオン交換樹脂のカートリッジに変えました。イオン交換樹脂は乾燥に弱いのでカートリッジの中身は新しい物にしました。中身のイオン交換樹脂は「ピュロライトC100E」です。カートリッジには700CC入るので2つ使うと硬度0の水が1トン作れます。1トン作るごとに食塩で再生しています。再生すればまた1トン作れます。1トンの水は大体3日で使ってしまいます。イオン交換樹脂は徐々に硬度漏れを起すんですが硬度50までの水なら1,5トン行けるのでだいたい4日ごとに食塩で再生します。再生時間は30分です。再生用のシングルのマーフィードの浄水器に食塩を400グラム入れてイオン交換樹脂にゆっくり30分通水させれば再生完了です。イオン交換樹脂は塩素に弱いので通水の際に通過する水は必ずマフィードのカーボンを通過後の水でないとダメです。
CIMG2107_convert_20110428211044.jpg
硬度0の水を水槽に100%張れば硬度は0です。<笑)ただしダイヤ水槽はダイヤの排出する硬度物質(体内に侵入してきた水との浸透圧調整のため自分の体から硬度物質を吐き出します)の為と餌魚の吐き出す硬度物質及び餌魚へのキャットやカーニバルからの硬度物質で1日で10ずつ硬度が上がります。ですので水道水の私の家の硬度が80なので2日放置すると硬度は100になります。高度100は私の家の水道水のPHが7.8なので少し高すぎる硬度だと思います。PHは7.8前後で良いとしても硬度は100にしたらギリギリだと思います。(ギリギリというのは巨大化の為のギリギリです。普通に飼育するなら200でも大丈夫です。)そこでイオン交換樹脂で硬度を下げた水を入れるというわけです。硬度0の水を単純に半分入れれば硬度100の水槽が硬度50になると考えています。硬度を測定するとだいたいそういう数値になります。本日は20分排水してから硬度0の水を20分入れました。同時排水はしませんでした。(なんとなくです。)交換前の硬度は90でしたが水換後の硬度は80になりました。明日も20分行いますので連休中は硬度60程度をデイリーで維持しようと思います。

CIMG2100_convert_20110428212057_20110428212230.jpg

昨日入れ替えたポンプの水流にも慣れて来て落ち着いて来ました。
イオン交換した水でも全然無反応で良いのか悪いのか不明なダイヤ君です。(笑)
喰うときに食わさないとまたいつ気分を害して喰わなくなるかわからないので明日は久々にマッカチンでドジョウでも買おうと思います。ドジョウ、金魚、川魚、テトラ、ナッテリー、キビナゴがダイヤ君の主食ですがどんな場合でも確実に喰うのは何だと思いますか? 解答は想像におまかせします。。。→そうです、その通りです。
つまりアマゾンにおいてはもしかするとそういう事なのかもしれないです。特にダイヤとヒュメラリスにその傾向が顕著です。そういう事ならそういう訳でそうするしかないんですが・・・・前にも報告しましたが凄く気が引けます。

CIMG2102_convert_20110428213054.jpg

今思い出しましたが、硬度を下げて飼育しているせいかこのダイヤは全身が白っぽい銀色では無く黄色っぽい金色です。黄色い感じで色が出る魚はトカンとかナナイダイヤとかGYとか色々いますがなんとなくですがパンタナルのダイヤモンドイエローの様な感じです。このままこの金色が抜けなければ面白いです。

今日はナナイロンベウスは機嫌が悪くて写真なしです。「こぶ」取りの秘薬?は明日から実験します。検証された論文も見つけたのでどうなるか楽しみです。

連休明けまであと10日

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ






テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/28(木) 21:36:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ポンプ 交換 新設

CIMG2082_convert_20110427211749.jpg
上記画像の様にダイヤ水槽のポンプを変えました。
ロンベウスに使用していたコラリアというポンプをダイヤ水槽に移しました。
でダイヤは、、
CIMG2080_convert_20110427212021.jpg
今日は水槽の隅で待機です。(笑)
水流の流れが変わるとしばらく嫌がって動かないです。
まあ慣れてもらいます。

そのダイヤのヒレがこちら。
CIMG2078_convert_20110427212230.jpg
水槽で飼育すると大抵はこの形というか大きさになります。
ワイルドはここが小さくこじんまりしています。見ればわかるはずです。
こないだのナナイダイヤを導入しなかった理由がここに少しあります。
実はもろにワイルドという感じのヒレじゃ無かったんです。ヒレ自体は綺麗でしたが・・・。

CIMG2077_convert_20110427212619.jpg
まだ「こぶ」があるロンベウスです。
明日から減量の特別策を実施します。
それに先駆けてこれを本日導入しました。
CIMG2083_convert_20110427212816.jpg

ニュージェット NJ3000 です。 毎時3000Lです。

毎時1000L、900Lに追加でこれを入れました。しめて4900L毎時です。
かなり激流になりました!!
でもナナイは全然平気です。泳ぎ回って遊んでます。。どんなパワーなんでしょう?
150だとこれを2台入れたいですね。150水槽・・・・・欲しいけど大変です。。

CIMG2062_convert_20110427213506.jpg

ここ2日は話題がブレークしたようですね。
イリリ20センチ。トカンロンベ35センチ。ラインノーズ15センチ。イリリロンベ等々のマニアが欲しい入庫の噂があったようです。
イリリヒュメの20センチは欲しくはないですが見てみたいですね。
トカンの銀色ロンベ35センチはすごい迫力だと思います。
水槽がいくつあっても足りませんが今は3匹体制でかなりいっぱいいっぱいです。
それもこれも巨大化の為です。頑張ります。

CIMG2073_convert_20110427213957.jpg

エアレーションの泡泡から酸素は溶けるんでしょうか?

ほとんど溶けないと思います。
水面は泡のパチパチはじける波と水面全体が波打つ効果で酸素を溶かす表面積を上げる効果はあると思います。
またポンプが強い場合はストーンから出る泡泡が水面1つ分位の表面積かせいでいるはずです。
泡を細かくしてもあまり効果は無いように思います。ポンプで細かくするならディフューザーの方がいいです。
ただディフューザーで細かくしすぎると水槽が鑑賞に堪えないほど白く泡だらけになります。
泡から溶ける量が少ないなら水が空気に触れる表面積を増やす。それがエアレだと思います。

夏場のエアレ中止は魚の頭を大きくするのか?
怖くて出来ないかもしれません。

ちなみに酸欠で魚が死亡とよくありますが酸欠で本当に死にますか???
私は共食い以外でピラを落とした事が有りませんので解らないんです。
酸欠で死亡まで行くんでしょうか???
あの丈夫なピラニアが酸欠で死ぬとは思えないです。。

連休明けまであと11日

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ


テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/27(水) 21:55:07|
  2. ポンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。