ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイヤ水槽 レモンテトラ15匹追加投入

CIMG2175_convert_20110429215118.jpg

おばんでございます。
ピラチゲでした。。。

いまどきピラチゲでしたといきなり過去形で電話に出る人も札幌にはいないと思いますが24年前はどのおじさんも札幌では「~でした」といきなり過去形で電話に出ました。急に思い出しました。

本日からロンベウスのNEW減量作戦をスタートしました。ちゃんと減量用秘密の薬物を入れたキビナゴを喰いました。もしかしたらと思っていましたがまんまと喰いました。この作戦をしてる人は私だけだと思います。成功して「こぶ」に変化が現れたら何を使用したか報告します。成功したらオデコと「こぶ」に悩むロンベウス系セラ飼育者に朗報になると思います。

CIMG2124_convert_20110429220053.jpg
今日も順調なダイヤです。
水は25分入れました。軟水化したイオン交換樹脂を通過した水です。イオン交換した水を入れ始めてブラックテトラが凄い発色です。スマトラは発色に変化無し。今日は追加でレモンテトラを15匹入れましたがこのレモンテトラはこれまた凄い発色です。軟水の良い悪いは別にして小型種のカラシンは軟水を入れると発色が凄いです。でもダイヤは変化無し。全く変化が有りません。
CIMG2135_convert_20110429220332.jpg
普通は軟水を入れると粘膜を多く出すはずです。体に入る水分を調整する為だと思います。ダイヤに関してはこの粘膜の存在をあまり意識させない場合が多いです。ロンベウスは粘膜の感じが目視も可能なレベルで良くわかるんですがダイヤの場合はあまり目視ではわかりません。
CIMG2218_convert_20110429220935.jpg
体表の感じはシングーのロンベウスに近い感じですがシングーのロンベウスは粘膜の感じが目視出来ました。ヌルッとした感じが目視できないのはダイヤとラインノーズ、ウインプルだと思います。ダイヤモンドイエローもやや目視しずらいかもしれないです。
以前、ヒュメラリスに硬度0の水を入れた時に全身から粘液を出しまくったと報告しましたがヒュメラリスは硬度の低い水を入れて体に水分が浸入して来るのを嫌うようです。なんででしょう???
CIMG2202_convert_20110429221553.jpg
もしかしたらヒュメラリスは軟水、PHの低い水系が嫌いというか合わないのかもしれません。
というのは以前、ヒュメラリスの13センチを購入し120-60-60を新規で立ち上げた時に立ち上げた水槽の水がPH9以上になりました。濾過も効いて無いのでかなり硬度も高い水だったと思います。そこへ小赤を100匹入れたんですがこの小赤を2週間で完食しました。物凄い食欲で一体何センチまで育つのかと思いましたが水槽の水が出来て来るに従って餌を食わなくなりました。そのときの平均PHは7,3くらいで硬度を常に60前後だったと思います。この最高の水条件で餌を全然食わなくなりました。
CIMG2211_convert_20110429222206.jpg
PHが高い時のヒュメラリスは色も黄色く輝きとても綺麗でしたがPHが下がるにしたがってシングーのヒュメラリスと見分けがつかない色に変わってしまいました。(当方にいたヒュメはイリリです。)
で、仮定の話ですが、もし私が再度ヒュメに挑戦するならPH9、硬度120前後を中間点にしてやってみようと思います。かなりアマゾンの水質とは違うと思われるんですがなにぶん相手は渓流魚のヒュメラリスです。イリリ川がかなり上流にある事や石や岩だらけの環境から考えるとアマゾンの下流域とは違う水質もありかなと。
CIMG2208_convert_20110429222949.jpg
そもそもそういう水で飼うなら混泳魚はダトニオですかね?ダトニオが好きそうな水がヒュメに合う水の様な気がします。ただ問題はヒュメは35センチあたりから画像を見るとピゴのような体型になるようです。ピゴのような体型という事は「死んだ魚を食べる」という事だと思います。そうなるとそんな餌のある下流に移動すると考えられるので水質を普通のアマゾン系に戻す必要があるかもしれません。が、35センチ以上のヒュメラリスが国内に数匹しかいないと思うので心配すら必要ないかもしれないですね。
CIMG2215_convert_20110429223558.jpg
ダイヤ水槽のPHは本日7.5です。硬度は70です。普通に考えればPHはかなり高いと思いますがダイヤ君は絶好調です。そもそもPHを低く維持するのか綺麗な水を入れるのかのせめぎあいの中で綺麗な水を入れる方を選択したのでPHは水道水のPHより上がらないように入れれば良いと考えてます。PHが9以上はあれかと思いますがPH8以下で行けるなら低いPH維持を考えるより綺麗な水を入れたほうが良いと思います。毎日水換えすると少し水質を落ち着かせた方が良いのでは?との考えが週に何回か訪れます。今でもその考えが湧いてくるという事は熱帯魚を始めた時の初期の洗脳がかなり強いんだな~と自分でも思います。
「そんなにコロコロ水を替えて」「やりすぎは良くない」「バクテリアや水槽内の細菌との共存を考えて」「水質に魚を慣れさせて」とかとかありますがなにわともあれ魚の出すアンモニア等の毒物は排除優先が巨大化には必要と判断しています。このダイヤが12~13センチで購入して1年で25センチになろうとしています。まあ上手くいったケースですが綺麗な水で飼育すればというかアンモニア等の成長を阻害しそうなあれこれを除去してでかくならないなら仕方ないという感じです。
CIMG2213_convert_20110429225232.jpg

全然話は変わりますが先日ロンベウス水槽に入れた水中ポンプのニュージェット3000ですがこれが静かで最高です。無音です。3000L毎時のパワーでこんなに静かでいいのでしょうか??全部のポンプをこれに換えたい気分です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/29(金) 22:55:52|
  2. ダイア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピラニア 最終的成長後の姿 | ホーム | ロンベウス水槽 水温>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://serrajjigae.blog39.fc2.com/tb.php/50-31956235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。