ダイヤ巨大化計画

Serrasalmus spilopleura の巨大化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二兎を追うもの

P6090749_convert_20110611211759.jpg

同じ水槽を並べると綺麗です。
60-45-45で飼育すると水槽を増やすとたくさん飼育可能です。
最高で12匹までやりましたが見た目が悪くてやめました。
見た目を良くした上で水槽を並べるなら必ず同じ水槽で並べます。同じ水槽だとかなり見た目が綺麗になります。
もちろん水槽台も同じにします。出来れば濾過機も同じにしたほうが綺麗です。絶対に水槽のメーカーを変えてはいけません。つまり最初の水槽が大事です。私がもし60-45で4匹以上飼育するならアルネオの6045を並べます。理由はアルネオの60-45は高さが50だからです。高さは大事です。

ここから本題です。
大きくした上で途中の発色も楽しんで。単純に考えると発色される水質は魚にも良い水質だからその水質で飼育すると大きくなると考えがちです。本当にそうでしょうか?私は違うと思います。どんなピラニア飼育者もそうだと思いますが大きくなる事は楽しいはずです。5センチのナッテリーが順調に1年で25センチになればこんなに楽しい事は無いはずです。たとえ発色が悪くても良く泳ぎ良く喰いビビリの無い健康な個体で毎月確実に大きくなれば楽しいんです。その時の水のPHが高くて発色が悪くても大きくなるならOKです。ところが15センチや20センチ程度の幼魚の段階で色がどうだこうだ言って水をいじりまくり大きくする事が忘れられます。水が汚れるからと餌までセーブされたり酸化した水は弱酸性だといって水換えが止められます。現地は弱酸性だから今の飼育水をキープ。水質調整維持の為に水換も弱酸性維持が出来る程度に行う。確かに弱酸性や発色される水質のキープは大事ですがそれは25センチを超えてからで充分。魚種によっては30センチからでも良いくらいです(ロンベ、ピラヤ等)。大きくなるまではとにかくどうしたら大きくなるか!それだけを追求しないと二兎を追うものは、になります。
で、どうしたら大きくなるか。餌を食う水質で安定させる事。喰った餌の栄養がサイズアップに使われる事。この2つの追求をする事しかありません。私の方法は簡単です。毎日PHを計りながらPHが一定になるように水換をする事が基本線です。出てくる水道水のPHが6,5~7.8までの間なら出てきた水道水のPHから0,3引いたPHが維持出来るように水換をする事です。水槽に魚がいなければ水槽のPHは水道水のままですが魚が水道水を汚しバクテリアが酸化させるのでPHが下がります。今ダイヤの水槽は1日で0,3下がりますのでPHを7,8の水道水のPHに毎日水換して戻しています。こうして毎日水換えするとPHが大きく動かなくなります。硬度も安定し魚の餌喰いも安定します。安定した良質な水質を維持継続すると魚は大きくなります。すると25センチにはどのピラニアもなります。このサイズからさらに大きさを追求しても良いし90-45なら大きさは諦めて発色する水質を作っても良いと思います。水道水のPHから大きく下げないで維持する事が良質な水質を安価に維持する最良の方法です。
ゴールデンレトリバーの子犬。餌や環境をどんなに悪質にしてもチワワより大きくなります。ロンベウスの幼魚もどんなに悪質な環境でもコンゴテトラより大きくなります。でもその魚の普通のペースより大きくならないのは飼育の失敗です。私も数え切れないくらい失敗しましたし現在も失敗します。水質もそうだし水槽サイズもそうだし照明や音や餌もそうだし。1つだけ言えるのは一番大事なベースの部分で大きくならない環境になってしまうのは生活習慣病と同じです。根本的に何かを変えないと改善されないものです。変えるべき根本的なものとは水道水を毒かのごとく扱う事です。水道水は毒ではありません。毒かのごとく水道水を考えている限り本来のスピードで魚が大きくなりません。ただし、水道水を毒だと思う発想は飼育者には遺伝子レベルで植え込まれている場合があります。その場合は本来のスピードで魚が大きくなる事は諦めるしかありませんが本人には一生気付きはありません。(笑)

そんなこんなで今日も水換しましたが水道水のPHは7,9でした。水道からPH7の水が出る地域がうらやましいです。そうすればPH6,7を維持した上で弱酸性も両立できます。が! 今月のアクアマガジンにアマゾンの水質データが出てました。上流域はPH7,2でKH6のスペシャルクリアーウォーターだそうです。アマゾンの上流はPHが高い上に硬度もありそうですね~。そう思ってましたが。ただこのPH7,2の地域で捕獲された魚がPH7,2じゃないと大きくならない訳では無いと思います。PHは多少上下しても硬度が多少上下しても安定した良質な水で飼育すれば大きくなるはずです。大きくしてからその魚の色を楽しむ水質にすれば充分です。

最後にロンベウスのオデコの途中経過です。
かなりツルツルになりました。33センチまでは水槽外で測りましたがその後計測してません。多分少し大きくなったように見えます。33センチ以上のクラスでオデコがツルツルのロンベウス動画は本当に少ないです。私はミボクウさんのロンベウス以外でオデコがツルツルなロンベウスの動画を見た事がありません。大きいロンベウスの動画はたくさんありますがどのロンベウスもオデコがボコボコです。当方のロンベウスはなんとか危機を逃れましたが今後はもっとツルツルにしていこうと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/11(土) 22:48:39|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アクリルとガラス | ホーム | シングー 水槽新設>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://serrajjigae.blog39.fc2.com/tb.php/81-0edba4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飼い主

ピラチゲ

Author:ピラチゲ
ピラニアを愛してやまない普通のピラニアマニアです。
飼育暦は23年位です。
色々やりましたがダイヤとロンベウスが好きですね。
120以上の水槽もやりましたが120が好きです。
理由は「心」ですね。120以上の水槽は自分の心が折れやすい(笑)

巨大化ターゲット


学名
Serrasalmus spilopleura
通名
ダイヤモンドブラックピラニア

その他の生体

ロンベウスプロフィール
学名
Serrasalmus rhombeus
通名
ナナイ・ロンベウス


ロイヤルプレコプロフィール
ロイヤルプレコ


セルフィンプレコプロフィール
セルフィンプレコ


サーチャニウス
サーチャニウス

メールフォーム

郵便ポスト

オンラインカウンター

アクセスカウンター

月別アーカイブ

リンク


友人のサイトです。


初心者ピラニア日記。

リンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
エア (3)
色々 (34)
ろ材 (1)
濾過機 (6)
ポンプ (4)
底砂 (5)
殺菌灯 (3)
照明 (1)
ロンベウス (16)
ヒーター (3)
ダイア (55)
水 (8)
イリリ (18)
シングー (10)

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。